スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発想が 形が オモシロイ

.01 2009 スペイン comment(2) trackback(0)
真似のできない独創性 ここに極めリ
古今東西 幾多の建築家ありと言えども
比類なき才能 故に歴史に名を残す

「美しい形は構造的に安定している
構造は自然から学ばなければならない」
この発想に魅かれる


IMG_1980.jpg

IMG_1952.jpg

IMG_1963.jpg

IMG_1971_20091101063252.jpg

IMG_1973.jpg

IMG_1947.jpg

IMG_1919.jpg

IMG_1925.jpg

IMG_1977.jpg


アントニ・ガウディ(カタルーニャ語:Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet, 1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期のバルセロナを中心に活動した。サグラダ・ファミリアをはじめとしたその作品はアントニ・ガウディの作品群としてユネスコの世界遺産に登録されている。スペイン語(カスティーリャ語)表記では、アントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudí y Cornet)

設計手法
彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。「美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない」と、ガウディは自然の中に最高の形があると信じていた。その背景には幼い頃、バルセロナ郊外の村で過ごし、道端の草花や小さな生き物たちと触れ合った体験からきている。

ガウディの自然への賛美がもっとも顕著に表れた作品が、コロニア・グエル教会地下聖堂のガウディ設計部分である。傾斜した柱や壁、荒削りの石、更に光と影の目くるめく色彩が作り出す洞窟のような空間になっている。この柱と壁の傾斜を設計するのに数字や方程式を一切使わず、ガウディは10年の歳月をかけて実験をした。その実験装置が「逆さ吊り模型」で紐と重りだけとなっている。網状の糸に重りを数個取り付け、その網の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然で丈夫な構造形態だと、ガウディは考えた。建設中に建物が崩れるのでは?と疑う職人たちに対して、自ら足場を取り除き、構造の安全を証明した。

生前に描かれた設計図はスペイン内戦で焼失している。[11]彼は、設計段階で模型を重要視し、設計図をあまり描かなかった。設計図は役所に届ける必要最小限のものを描いたのみである。そのため彼の設計図はあまり残らず、また焼失を免れた数少ない資料を手がかりに、現在のサグラダ・ファミリアの工事は進められている。

フリー百科事典 ウィキペディアより



にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

モディ
こんにちは。
凄いとしかいいようがないですね。
この発想。何でしょう!
実際、ご覧になられた時の気持ちって
言葉では言い表せないでしょうね。

日本人の方もこの工事に参加されているというのは、
以前、TVで観ました。

いやぁ、本当に観てみたいです。
2009.11.01 18:39
HI KA RI
スペインに行くことがあれば寄ってみて下さい
形と色 新たな発見があると思います

まだまだ スペインは続きます
また 見に来てくださいな
2009.11.05 21:51

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hohoemi90.blog44.fc2.com/tb.php/443-6342ee3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。