スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 アルハンブラ宮殿 Ⅲ アラベスク

.19 2009 スペイン comment(2) trackback(0)
アルハンブラを続けようと思う

今夜はアラベスク
私が魅かれる理由はこれなのかもしれない
これはいったい何だろう



IMG_1543_20091019215434.jpg

IMG_1558.jpg

IMG_1561.jpg

IMG_1562.jpg

IMG_1572_20091019215656.jpg

IMG_1575.jpg


アラベスク(arabesque)は、モスクの壁面装飾に通常見られるイスラム美術の一様式で、幾何学的文様(しばしば植物や動物の形をもととする)を反復して作られている。幾何学的文様の選択と整形・配列の方法は、イスラム的世界観に基づいている。
ムスリムにとって、これらの文様は、可視的物質世界を超えて広がる無限のパターンを構成している。イスラム世界の多くの人々にとって、これらの文様はまさに無限の(したがって遍在する)、唯一神アラーの創造のありのままを象徴する。さらに言うなら、イスラムのアラベスク芸術家は、キリスト教美術の主要な技法であるイコンを用いずに、明確な精神性を表現しているとも言えよう。

フリー百科事典 ウィキペディアより



にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

サラーム
はじめまして。
非常に興味深く読ませて頂いております。
私はアラビア書道を習っているので、どうしても文字に目がいきます。
アラベスク模様の中にも必ずカリグラフィーがあり、模様に見えてしまうのですがそこがまた素晴らしいと思って眺めております。
ムカルナスも何故だか好きなのですが、アップで見てみたい模様でもあります。
タイル模様はモロッコ方面を思い起こします。これも非常に美しくアルハンブラ宮殿だけを見に行くのも良いかもしれないと思ってしまいました。
2009.10.20 09:45
HI KA RI
世界遺産 アルハンブラ宮殿
私の写真ではとても表現しきれません
本当に不思議な世界です
本物を体験されることをお勧めします
2009.10.20 22:51

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hohoemi90.blog44.fc2.com/tb.php/430-443830bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。