スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリスに守られた旅行者

.02 2009 スペイン comment(0) trackback(0)
スペイン広場

同じ場所から 見えるもの

ドン・キホーテとサンチヨ・パンサ
観光客を見守る ポリス
知る人ぞ知る 名のある記念碑
そして 青い空


IMG_0881.jpg


IMG_0884.jpg


IMG_0875.jpg


IMG_0882.jpg


IMG_0868.jpg




ツアーのご一行様は 文句も言わずに 日程をこなしていく
列を乱さず 添乗員を困らせず 時間は厳守する
みんなオリコウな旅行者だ
素晴らしい眺めや 目を見張る建物や 鮮やかな色達 
網膜の上を 次から次へと流れていく
君は それを見たか と聞かれれば
見た と答えるても間違いではないが
本当に見たか と更に問い詰められれば 返答に窮する
見たつもりでいるが 見てはいない 
名前は聞いてからすぐ忘れたし 今は知らない
ましてや人に説明なんかできるわけがない

そして 記憶は 風化する




にほんブログ村 写真ブログへ


ドン・キホーテ

騎士道物語(当時のヨーロッパで流行していた)を読み過ぎて妄想に陥った郷士(下級貴族)の主人公が、自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」(「ドン」は郷士より上位の貴族の名に付く。「デ・ラ・マンチャ」はかれの出身地のラ・マンチャ地方を指す。つまり「ラ・マンチャの騎士・キホーテ卿」と言った意味合い)と名乗り、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける物語である。

1605年に出版された前編と、1615年に出版された後編がある(後述するアベリャネーダによる贋作は、ここでは区別のため続編と表記する)。

旧態依然としたスペインなどへの批判精神に富んだ作品で、風車に突進する有名なシーンは、スペインを象徴する騎士姿のドン・キホーテがオランダを象徴する風車に負けるという、オランダ独立の将来を暗示するメタファーであったとする説もある。(スペインの歴史、オランダの歴史を参照)実在の騎士道小説や牧人小説などが作中に多く登場し、書物の良し悪しについて登場人物がさかんに議論する場面もあり、17世紀のヨーロッパ文学についての文学史上の資料的価値も高い。

主人公の自意識や人間的な成長などの「個」の視点を盛り込むなど、それまでの物語とは大きく異なる技法や視点が導入されていることから、最初の近代小説ともいわれる。年老いてからも夢や希望、正義を胸に遍歴の旅を続ける姿が多くの人の感動をよんでいる。

また、聖書の次に世界的に出版されており、正真正銘のベストセラー小説・ロングセラー小説でもある。2002年5月8日にノーベル研究所と愛書家団体が発表した、世界54か国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で1位を獲得した。


フリー百科事典  ウィキペディアより
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hohoemi90.blog44.fc2.com/tb.php/414-780260d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。