スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は言いたい

.31 2010 街角 comment(0) trackback(0)
鳩山内閣の支持率が2割を切った 普天間移設問題で少なくとも県外に移転させると言い
5月末には決着させると言った こんなにコトバの軽い総理は前代未聞だ
福島大臣を罷免し 結果として社民党が連立を離脱した
そのコトバで翻弄された多くの国民に対し その釈明会見のコメントが

「厳しさはよく存じている それだけにある意味で初心に戻る
そんな格好で頑張るしかない
常に国家国民国民の皆さんの命を大切にする政治を
しっかりと心の中に植え込んで頑張るということだ」と神妙に答えている

ここまでくると 頭が壊れているとしか言いようがない
この人は国家国民のためと言いながら 支持率0%でも辞めないだろ
混乱と政治不信を招き 閉塞感を充満させた責任は重大である

今 日本人は世界で最も不幸な国民である 




IMG_0307a.jpg
時代を切りさく風よ吹け




にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

.29 2010 風景 comment(0) trackback(0)

空は青く 澄み渡り
風が 額の汗を感じさせる
野菜の手入れをしていると
時間を忘れ いつの間にか
時計は12時を過ぎている
天候不順の影響か 生育が良くない
出来の悪い子供を想う親にも似て
肥料と水やりをていねいにしてやる
畑のすぐ隣は田植えの終わったたんぼ
張られた水は空を写し
この空間は目に優しい




IMG_3441.jpg
田 空を写す





にほんブログ村 写真ブログへ

国の内も外も 先が見えない

.27 2010 建物 comment(0) trackback(0)
扉は
依然閉ざされたまま
中から開らくのか
外から打ち破るのか
先のことは判らない

開いた扉が
平和と安定の扉となるのか 
地獄への扉となるのか
神のみぞ知る



IMG_1398a.jpg




米韓軍
対北朝鮮軍
情報監視レベル
一段階引上




にほんブログ村 写真ブログへ

今日のニュース

.26 2010 建物 comment(0) trackback(0)
扉の向こうでする音は
獣の威嚇に似た 奇怪な響き
それは益々大きくなって迫ってくる
どうか扉が開かないように
どうかこれが夢でありますように



IMG_1385a.jpg


北朝鮮
中朝国境警備隊
迫撃砲追加配備
国境一帯
放射砲旅団
展開





にほんブログ村 写真ブログへ

固い扉

.25 2010 建物 comment(0) trackback(0)
扉は閉じている
一向に開く気配がない
ノックをするのか
それとも足で蹴破るのか
中の住人に合わせて
選べばよいのかも


IMG_1185a.jpg

北朝鮮
金正日
軍に対して
戦闘準備
命じる



にほんブログ村 写真ブログへ

隣の隣が騒がしい

.24 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
北朝鮮が騒がしい
韓国の哨戒艦沈没事件が
歴史の大きな曲がり角になるのか
韓国がいつになく強硬だ
アメリカもテロ支援国家に
再指定の準備をしている
日米韓は北朝鮮に対する
包囲網を形成する方針
韓国が報復に出た場合は
全面戦争で応える
と北は脅迫宣伝を始めた

この時期にあって
韓国への観光旅行は
どうなのだ



IMG_2366.jpg




スペイン旅行から早8か月
先日買ったリプルーグルの地球儀を見ていると
またまた 飛行機に乗りたい虫 が騒ぎ始めた

飛行機に乗ってどこか遠くへ行きたい
遠くへ行きたい


にほんブログ村 写真ブログへ

京都 散歩で見たもの

.23 2010 植物 comment(0) trackback(0)
朝から雨が降る
風もあって少々荒れた天気の一日
こんな日には家に居るにかぎる
一日家に居ると なんと一日の長いこと
日頃は仕事をしているせいか
一日が駆け足で通り過ぎるのだけど
今日はこの差に驚く一日となった
先日 京都のお散歩で見た光景
雨の日には青空が見たい
なので今日の一枚とした


IMG_3382.jpg





にほんブログ村 写真ブログへ

またまた 金曜の夜がきた

.21 2010 風景 comment(0) trackback(0)
高度10,000メートル
気圧そして気温
地上とはまるで異なる世界
私もたまには海外に出る
その時は当然旅客機
乗った時にはいつも思う
これが落ちたら間違いなく死ぬ

これを地上で眺めるには
綺麗と思う ただそれだけ

人は立つ場所によって
天国になったり地獄になったり
極めて流動的
自分自信はちっとも変わってないのに
環境でどんどん変わってゆく
自分っていったい何んだろう

明日は畑で野菜と一週間ぶりのご対面
トマトは元気にしているだろうか




IMG_3409.jpg
飛行機雲はキレイだ



にほんブログ村 写真ブログへ

ニュース雑感

.20 2010 植物 comment(0) trackback(0)
先日 日経新聞が有料ネット配信している 
とのニュースを見た
今日 講談社が京極夏彦の新作小説を 
iPad・iPhoneに有料配信すると発表した
これらのニュースは来るべき 近未来の断片かもしれない
楽曲がネットで簡単に購入できて 
少なからずCD屋さんが影響を受けた
活字媒体で飯を食ってる業界の方は
このニュースをどんな気持ちで見ているのだろう


「紙とインクの匂いが好きだ」
そんな思いをもつアナログ人間の私は
今 スマートホンの情報を集めている



IMG_3392.jpg
ジャガイモが花をつけたよ




にほんブログ村 写真ブログへ

葵祭 京都御所 Ⅲ

.17 2010 植物 comment(0) trackback(0)
祭りに出遅れた人が見るものは 
人の背中と小さな後悔
もう少し早く家を出ていれば 
鮮やかな時代装束の行列を見れたものを
そして小さな溜め息
気を取り直して
京都御苑の深い緑に入っていく
周りには人影は無し
見えるものは新緑ばかり 
この鮮やかな緑 
カメラで切り取って持って帰ろう
行列に満足していたら 
この緑を見ることは無かった
 
そう思うことにして
蛤御門をくぐった



IMG_3377.jpg



にほんブログ村 写真ブログへ

葵祭 京都御所 Ⅱ

.16 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
昨日に続き 不満足その二



IMG_3366.jpg
IMG_3369.jpg
IMG_3373.jpg
IMG_3375.jpg





にほんブログ村 写真ブログへ

葵祭 京都御所 Ⅰ

.16 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
葵祭に行ってきました
京都御所から行列が出発します
調べてみると午前10時30分出発
なのでその時間に辿り着いたのです
着いてみると既に黒山の人だかり
人の壁で行列は何も見えません
しかたなく見物する人を撮るはめに・・・
それでも久々の御所と京都御苑
5月の緑が鮮やかでした


IMG_3329.jpg
IMG_3334.jpg
IMG_3343.jpg
IMG_3353.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 帰路

.13 2010 風景 comment(0) trackback(0)
地球儀を買った
平面の世界地図ばっかり見ていると
大きくデフォルメしていることも忘れ
地球を平面で見るクセがついてしまいそう
世界は球体で見るべきだと思う
平面で見る日本は小さくてロシアやカナダは広大だ
ことば表せば決して間違ってはいないのだが
地球儀で見ると日本はけっしてけし粒のような
国土ではないことが判る
飛行機でヨーロツパに旅行する時はロシア上空を飛ぶことがある
地球儀で見るとそのコースが最短コースであることが判る
球体で見ることでちょっぴり視点が変わりそう



IMG_3322.jpg


走る新幹線の窓からシャツターを切った
疾走する画像もたまにはいいもんだ
静止する画像とはまたちがった元気をもらえそうだ




にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 終わり

.12 2010 風景 comment(0) trackback(0)
先日の5月5日 
こどもの日は二十四節季の立夏だった 
たしかあったかい日だったと記憶している
あれから一週間 
ここのところ朝晩は肌寒く 
農業関係者は遅霜に注意を
とニュースは伝えている
「さわやかな空気で過ごしやすい陽気」
と言えなくもないが 
やっぱりおかしい
なので畑の野菜が
ちょっと気になる



IMG_3207a.jpg

IMG_3241.jpg

IMG_3274.jpg




にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 そろそろ終わり

.11 2010 建物 comment(0) trackback(0)
スカイツリー

おのぼりさんの私も

行ってきました

高さにビックリ

そして人の多さにウンザリ

完成する前から

人の波が押し寄せる

ここは既に新名所

話しのタネにはいいかもね






IMG_0620.jpg
IMG_3228_20100511210400.jpg



にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 Ⅴ

.10 2010 建物 comment(0) trackback(0)

大都会の中 
深い森が続く
神域である 
ここ明治神宮は
隣の原宿とは 
まるで別世界だ
全く相いれない
ふたつの世界
どちらも同じ
日本人が創った
空間には違いない
ひとつ違う点は
それぞれの空間が
脳のどのあたりを
刺激しているかだ
と思う


IMG_3284a.jpg

IMG_3300.jpg

IMG_3307a.jpg





にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 Ⅳ

.09 2010 街角 comment(0) trackback(0)

人の流れが川となって 
思うように歩けない日中
まるで大河の流れに
流されるが小舟の如く
それが夜ともなれば 
人はまだまだ多いものの
歩く場所にもよるが
小川の流れになっている
輝く照明で照らしだされた
人や物がいきいきとしている
こんな風景を目の当たりにすると
夜もまたいいものだ
と思ったりして



IMG_3310.jpg




にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 Ⅲ

.08 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
上野にある 東京国立博物館

以前に立ち寄った時は あいにくの閉館日

そんなことを思い出しながら 建物に入る

展示されている物は一級品

器としての建物も これまた一級品

いたる所でシャッターを切り

閉館までの短い時間 急ぎ足でまわる




IMG_3247.jpg

IMG_3255.jpg

IMG_3264.jpg

IMG_3266.jpg




にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 Ⅱ

.07 2010 街角 comment(0) trackback(0)
連休が明けて 木金と働く
ちょつと疲れた二日間
それだけに 今夜 心は平安なり



IMG_3219.jpg



都会が作る風景は 意表をついて面白い
自然がまねのできないものだ
切り取ってみて 楽しい 
そんな 私の 東京散歩



にほんブログ村 写真ブログへ

久々の東京 Ⅰ

.06 2010 植物 comment(0) trackback(0)
国会議事堂の近くに
和式の庭園がある
ここは人影もまばらな
国会前庭和式公園
人の多さに疲れた人には
とても優しい空間だ
都心にこんな静かな
ところがあったんだ
と つぶやいたりして 
ちょっとうれしくなる
緑が重なる庭園の中ほどに
鯉が泳ぐ池があった
池には木から離れた八重桜
桜は木の上にあってこそ
綺麗だと思っていたが
水面の桜もまた綺麗
ここに来て良かった
そんなふうに思ったりして




IMG_3201.jpg





にほんブログ村 写真ブログへ

平城遷都1300年祭 なるもの

.01 2010 風景 comment(0) trackback(0)
春の陽気に 誘われて
奈良は 平城宮跡
歴史に興味があって 出掛けてみた

マスコミのPRよろしく
広い会場に 多くの人が押しかけた

何を期待しての群衆なのか
人 また人 また人 そして人
私は人を見るために ここに来たのだろうか

公式マスコットキャラクター せんとくん
お土産コーナーには ありとあゆるグッズ
それら全てに せんとくん 
グロテスクな せんとくん

大極殿の前庭は広大なスペース
そこに木の枠で囲った花壇
なぜここに花壇があるのだろう
しかも膨大な数のパンジーが

天平衣装貸出
平城京の貴族になりきってみてはと ここでも商売をしてる
まつ毛を長くし ピンヒールを履いた人が
ペラペラの派手な衣装に満足げ

これらの情景は 私の心を萎えさせる

平城遷都1300年祭
私は一部しか見ていないのかもしれない


春の風と 地元の人らしい人達のお出迎えだけは
私には 心地よかった




IMG_3154.jpg
第一次大極殿 遠くから


IMG_3161.jpg
五月蠅い取材ヘリ


IMG_3170.jpg
金をかけた箱モノ



にほんブログ村 写真ブログへ
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。