スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のイメージ

.29 2010 風俗・文化 comment(0) trackback(0)
NHKのラジオ体操と蚊取線香の匂い そして蝉の鳴き声
 
子供の頃の夏をイメージすると そんなものが頭に浮かぶ

音であったり 匂いであったり

そんなものが一瞬にして 遠い過去につれていってくれる

今はまだ七月なので 放送されてはいないのだろうが
 
八月十五日が近づけば「戦争」をテーマとした

NHKを始めとして番組が例年多く見られ
 
蝉の鳴き声を聞くと 今年もまたこの時期が来たのだと気付く

戦争もまた 夏のイメージつながっている

私の子供の頃の夏をイメージは 先にあげた通りだが
 
人によっては色々とあると思う

海であったり 山であったり
 
はたまた食べ物であったり そして戦争であったり

世代別にそれを見ることができたなら

共通した何かがあったりして 意外と面白いものかもしれない

先日 既に終わった祇園祭りの宵山と山鉾巡行 そして天神祭

子供の頃にはこれらの祭りを見ていないので
 
残念ながら 私の夏のイメージの中には見当たらない

あるのはラジオ体操と蚊取線香の匂い そして蝉の鳴き声
 
それだけだ




IMG_3709a.jpg

日本三大祭り「天神祭」
951年から始まり
千年を超える
宵宮でのワンショット




にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

京都散歩 祇園祭 山鉾巡行

.28 2010 風俗・文化 comment(0) trackback(0)
気がつくと既に過去の話題になってしまいましたが・・・



祇園祭のハイライト 山鉾巡行

空は晴れ渡り 祭り日和の京都 七月十七日

IMG_3677.jpg

動く美術館と称される32基の鉾と山

私はこのにわとり達の図案が気に入りました


IMG_3586.jpg

平安時代869年から始まったこの伝統行事

都大路をゆっくりと進む姿は京の雅を感じます

IMG_3664.jpg

京都市役所近くには 炎天下の有料観覧席

始まった頃は満席だったのだが  

みなさん猛暑には勝てず

避難者続出


IMG_3647.jpg

そうゆう私も途中で避難





にほんブログ村 写真ブログへ

京都散歩 祇園祭の宵山Ⅱ

.25 2010 風俗・文化 comment(0) trackback(0)
ここは山や鉾があるところから 少し離れている

人通りはほとんど無くて ひっそりとしている

ふと見ると 小学校のグランドが目にはいった

門は閉ざされ 人の気配は無い


IMG_3482.jpg

汗をぬぐいながらさらに歩くと 扇子を飾っている店を見つけた

老舗を感じさせる佇まいに足が止まる

繁華街に見る 派手な装飾の無いところ これがいいのだ

IMG_3492.jpg

骨は五本 日頃見掛けないものだ 実用的な扇子とは反対側にいるものだ

扇の面には鉾が描かれていて

私的に ちょっと 素敵

IMG_3494.jpg

ショーウインドに かなり古い物と思われる鉾を見つけた

色といい 形といい 思わず見惚れてしまった

いつの時代の どんな人が作ったのだろう

IMG_3667.jpg

烏丸界隈まて辿り着いた

足は棒になり 流れる汗は止まらない

土曜日の宵山は人の波で酔いそうだ

明日の山鉾巡行を楽しみにして

ヨレヨレになりながら帰路についた





にほんブログ村 写真ブログへ

梅雨が明けて 京都散歩 祇園祭の宵山

.19 2010 風俗・文化 comment(0) trackback(0)
長らく店を閉めておりましたが 久々開けることにしました

長い梅雨も明けて 気分と気候は夏本番 そんな頃になりました

青い空に 白い雲 なんだか心が広がります


IMG_3692.jpg


私はお散歩写真の場所として よく京都市内に出掛けます

ここ京都の中心部では 7月の1カ月間が祇園祭
 
そのハイライトとしての宵山と山鉾巡行に出掛けました


IMG_3477.jpg


宵山の町々を散歩すると 京都らしい風情を感じます

祇園囃子が遠くに聞こえてくると もう夏の始まり

そう 夏は耳と目から始まります


IMG_3515.jpg


今年の山鉾巡行は土曜日となり 多くの観光客が予想されていました

宵山でも多くの外国人観光客や 他府県ナンバーの車を多く見かけます


IMG_3505.jpg


全32の山と鉾を飾る前懸や胴懸の中には国の重要文化財も含まれているとか

今回撮影したものの多くがこの前懸と胴懸 それに町々で見掛けた物達です

それにしても あまりの豪華さに見惚れてしまう そんな祇園祭りの宵山です



今日はここまで





にほんブログ村 写真ブログへ


 
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。